マイページ

うこっけいとはどんな鶏??(ホワイトシルキー)

烏骨鶏(うこっけい)とは中国が原産地とされる説が有力で、皮・骨・肉・内臓までが紫黒色で真白の羽毛を持ち、見た目にも普通の鶏とは一目でその違いが分かる鶏です。松本ファームの烏骨鶏の写真を見ても分かる通りふわふわとした羽毛は特徴的です。烏骨鶏は産卵数が少なく、とても高価であることでも知られています。うこっけいをテレビ等でご覧になった方も多いと思います。烏骨鶏は「ウコッケイ」と読み、「烏骨鶏」が正解で「鵜骨鶏」「烏滑稽」「鵜滑稽」「鵜コッケイ」は少し違います。

烏骨鶏の写真1
うこっけいの写真2

烏骨鶏の「うこっけい」らしい特徴は主に次のように表現されています。「桑実冠」「毛球頭」「緑耳」「顎髭」「糸毛」「五趾」「脚毛」「黒皮膚」「黒肉」「黒骨」(実際は黒紫色)。産卵数を増やす為の交配がすすみこの特徴を満たしていないうこっけいが増えています。うこっけいの長い歴史で、良いと言われてきたのは純正な烏骨鶏に対してです。うこっけいの素晴らしさを望む方は「烏骨鶏とその他の鶏とを交配させていませんか?」と聞くことも大切でしょう。

うこっけいはその栄養価値の高さから全身が宝と言っていいほどに利用価値があります。中国では昔から王侯貴族の薬膳には欠かすことができないもので、特に女性には重宝されていたようです。現在でも中国ではうこっけいの卵、肉、血を利用した製品が20種類以上あるようで日本でも徐々にうこっけい製品が広がってきています。うこっけいの名前の由来「骨がカラスのように真っ黒な鶏」の通りどうやら秘密はその「黒」にあるようです。

烏骨鶏の写真3
うこっけいの写真4

松本ファームはこの烏骨鶏に特化した烏骨鶏専門の養鶏場です。烏骨鶏の他、数種類の鶏を飼育している環境とは異なり、毎日たくさんの烏骨鶏を見つめ、烏骨鶏の健康に神経を集中しています。烏骨鶏の飼料への配慮はもちろんのこと、特に飲み水にはこだわりさぬきの山の恵みを井戸から汲み上げて烏骨鶏に与えています。養鶏業50余年の実績を持つ松本ファームならではの烏骨鶏と自負しております。

商品一覧から注文する >>